2014年1月3日金曜日

keytoolを使う

 keytoolを使う

詳細はAndroidアプリの署名<KeyStore Keytool AndroidDebugKey>に詳しく書かれている。
実際に難しいのは、Windowsにおけるコマンドの入力である。ので、その部分だけ書いておく。

引用
フィンガープリントを確認するには、「Windows」キーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」画面を開き、名前欄に「cmd」と入力し、「OK」をクリックして「コマンドプロンプト」画面を開き、「keytool -list」コマンドを入力します。「keytool」とだけ入力すると、「keytoolの使い方」が表示されます。 「keytool」コマンドを入力して「'keytool' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」と表示が出る場合は、JDKがインストールされていないか、keytoolまでのパスがとおっていないことが考えられます。keytoolはJDKインストールフォルダのbinフォルダ配下にあります。JREにはありません。(参考サイト:Java環境に手動でグローバルサインのルート証明書をインストールする方法)
Windowsの「コマンドプロンプト」画面のタイトルバーの左端のアイコンをクリックすれば、コマンド一覧が表示される。ここの「編集」コマンドを使いこなすようにすれば便利である。
以下は、Windowsの「コマンドプロンプト」画面における手作業によるコマンド入力である。長い文字列の入力には「編集」>「貼り付け」コマンドを活用すればよい。keystoreファイルが存在するディレクトリ名は、事前にエクスプローラで確認&取得しておけば良い。

Microsoft Windows [Version 6.3.9600]
(c) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\****>keytool
'keytool' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

C:\Users\****>cd \

C:\>dir

C:\>cd program files

C:\Program Files>dir

C:\Program Files>cd java

C:\Program Files\Java>dir

C:\Program Files\Java>cd jre7

C:\Program Files\Java\jre7>dir

C:\Program Files\Java\jre7>cd bin

C:\Program Files\Java\jre7\bin>dir

C:\Program Files\Java\jre7\bin>keytool

C:\Program Files\Java\jre7\bin>keytool -list -v -keystore C:\Users\****\Document
s\Android\****\****\keystore
キーストアのパスワードを入力してください:[Enter]

*****************  WARNING WARNING WARNING  *****************
*キーストアに保存された情報の整合性は*
*検証されていません。整合性を検証するには*
*キーストアのパスワードを入力する必要があります。*
*****************  WARNING WARNING WARNING  *****************

キーストアのタイプ: ****
キーストア・プロバイダ: ****

キーストアには1エントリが含まれます

別名: ****
作成日: ****
エントリ・タイプ: ****
証明書チェーンの長さ: ****
有効期間の開始日: ****
証明書のフィンガプリント:****
         署名アルゴリズム名: ****
         バージョン: ****

C:\Program Files\Java\jre7\bin>

おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿